當間

2011年新卒入社
サポートサイト運用・管理

work

現在の仕事の内容

DevOps部分を担当するエンジニア

サポートサイトの運用、管理

私は自社製品サポートサイトのコンテンツ制作や運用、管理をおこなっています。ユーザーさまが製品について困ったときに、わざわざお問い合わせいただかなくても解決できるようなサイトを目指し、日々奮闘しています。主な業務内容としては、以下のとおりです。

  • ユーザーさまの製品利活用につながる、トレーニング動画や操作紹介記事などの作成、公開
  • お客さまの声をもとにサポートサイト改善
  • 実際に対応したお問い合わせからFAQや不具合情報の記事を作成、公開
  • メルマガや製品のリリース情報など、さまざまな情報の発信

現在は、チームのリーダーとして上記業務の管理や、他部署との調整をおこなっています。

新しいことへ挑戦できる

利用ユーザーさまに関わる仕事

インフラ構築、製品テスト、お客さまサポートと、さまざまな業務を経験しましたが、その中心には必ず自社製品が絡んでいるため、どの部署でも共通の知識を活かせるところが面白いです。

例えば、お問い合わせの調査でサーバー内での操作が必要な場合はインフラの知識が役立ち、製品テスト業務を経験して仕様を理解しているため、幅広いお問い合わせに対してスムーズな回答ができます。

そして、サポート対応を経験したからこそ「ユーザーさまにとって、いいサポートサイトとは?」という考え方ができます。どこの部署でも、基本的に「私たちの製品を利用していただき、ユーザーさまの業務効率化に貢献したい!」という気持ちを大切にしながら仕事をしている雰囲気を感じます。

ユーザーさまに「新鮮で正確な情報」を届けるために、社内のさまざまな部署との調整が生じます。拠点が離れているので少し大変さを感じることもありますが、コミュニケーションを大切に考えて仕事をしています。

history

この仕事に参加するまでの経歴

インフラエンジニアの部隊に所属

新卒で入社して最初の3年弱は、インフラエンジニアの部隊に所属し、クラウドではなくオンプレミス中心でネットワークやサーバの構築などをやっていました。

インフラ部隊から製品開発のチームに移り、製品のテスト業務に携わり、その後、あるお客さまのプロジェクトにシステムのテスト実施要員として参加しました。

2015年4月に、お客さまからのお問い合わせ窓口が沖縄に移管され、サポートセンターの引き継ぎや実際のお問い合わせ対応を担当しました。2016年10月から新サポートサイトがオープンし、2018年5月から現在にいたるまで、サポートサイトの運用・管理の業務をおこなっています。

decision

ドリーム・アーツ沖縄に決めた理由

「ありのままの自分」を出せた

「ありのままの自分」を出せた

入社を決めた理由は、選考の過程で一番「ありのままの自分」を出せた会社だったからです。緊張しいな私ですが、面接でも素の私を引き出してくれて、落ち着いて話せたことが不思議で「入社するならここがいいな」と素直に思えました。

沖縄にいながら県外の大企業を相手に仕事ができ、しかも製品の軸となる基盤構築部隊とサポート部隊を担っている、というのは大きな特長だと思います。社員の特徴でいうと、シャイな人が多い印象もありますが、メンバーの成長を親身に喜んでくれる優しい人や、表裏のない素直な人、家族のような暖かい雰囲気もあると思います。

message

こんな人と一緒に働きたい

こんな人と一緒に働きたい

思いやりがあって丁寧な人

社内外に関わらず、人と人とのコミュニケーションを取る機会が多い仕事なので、思いやりがあって丁寧な人と一緒に働きたいです。
また、自分と違った意見を取り入れ、自らの考えや行動の幅を広げていけるような、チャレンジ精神のある方も魅力的です。年齢や社歴に縛られず、一緒に刺激しあいながら高めあっていけるようなノリを持った方がいいですね。

就職活動は、会社に自分を評価してもらう活動ではなくて、自分と縁のある会社にたどり着くための活動だと思います。変な力は抜いて、たくさん出会いを広げて、入社後もみなさんが「ありのままの自分」でいられる会社と結ばれるように、祈っています!