大城 慶明

2015年中途入社
インフラエンジニア

work

現在の仕事の内容

DevOps部分を担当するエンジニア

クラウドアーキテクト

私は現在、DCS(ドリーム・アーツクラウドサービス)のクラウドアーキテクトとして働いています。クラウドアーキテクトというのは、『クラウドコンピューティング戦略の監督責任を負うITプロフェッショナル』のことでお客さま向けのクラウド提案、設計、運用等、クラウドを利用するうえで必要になる作業を幅広く担当しています。

主にドリーム・アーツのプロダクトである「INSUTE®」「ひびき®Sm@tDB」等の環境の準備やバージョンアップ適用、障害発生時の対応等、クラウドサービスの安定的な提供に向けて幅広く対応しています。環境は、ニフクラ、AWS、AzureとPublicクラウドの環境を利用し、プロダクトに最適なインフラをクラウド上で構築し、お客さまにご利用いただいています。

新しいことへ挑戦できる

SaaSとしてお客さまにご利用いただくサービス

DCSは単純にシステムを構築して使ってもらうのではなく、プロダクトメーカーであるドリーム・アーツ自身がSaaSとしてドリーム・アーツ製品をお客さまにご利用いただくサービスです。

ノウハウ、ナレッジが結集された環境であるため、パフォーマンスも良くお客さまの満足度も高いです。

技術的な面では、積極的にインフラをコード化したり、さまざまなクラウドサービスを結合させて仕組み化したり、新しい技術も積極的に取り入れています。

history

この仕事に参加するまでの経歴

もともとはSIerのエンジニア

もともと私は東京でエンタープライズ企業のお客さまに常駐するSIerのエンジニアとして、金融系、生保系などさまざまな業種で、アプリケーション開発を1年、インフラエンジニアを9年経験してきました。

アプリケーション開発はMicrosoftの.NET FrameworkでWebアプリケーション開発、インフラエンジニアとしては設計、構築、運用を担当させてもらい、商用UNIX基盤の構築、データセンター移行に伴うサーバ移行などを経験してきました。

circumstances

転職の経緯

新しいことへ挑戦できる

沖縄へUターン

一番の転職理由は、一緒に上京した家内が沖縄に帰りたがっていたことです。沖縄のUターン求人を見て、さまざまな沖縄のIT企業の面接を受けました。

ドリーム・アーツ グループは、私がこれまで経験していた基幹システムの分野ではなく、コミュニケーションに特化したソリューションやプロダクトを持っていたことが魅力でした。

業務内容はpublicクラウドという前職とは違うフィールドで不安はありましたが、エンジニアとしてより成長していけると感じ転職を決意しました。

future

今後の抱負(方向性)

今後の抱負(方向性)

ジャンルを問わず新しいことにチャレンジしたい

ここ最近は技術トレンドが次々と変わり、現状維持のまま特定の知識や技術を使うだけではエンジニアとしての価値が下がっていくため、新しい技術を勉強するようにしています。

現在はクラウドアーキテクトという位置づけで仕事をしていますが、このままクラウドが汎用化していくと考えれば、今の仕事がいつまでもできるとは思えませんし、どのような技術が流行るかわからないため、ジャンルを問わず常に新しいことにチャレンジしていきたいと思います。