大城 信雄

2011年新卒入社
インフラエンジニア

work

現在の仕事の内容

DevOps部分を担当するエンジニア

DevOps部分を担当するエンジニア

私はドリーム・アーツ沖縄で運用しているDCS(ドリーム・アーツクラウドサービス)のDevOps部分を担当するエンジニアとして活動しています。クラウド環境の構築・運用・可用・セキュリティ・監視・拡張・再作成といった分野を自動化する、あるいは、オペレーターに的確な情報を提供し保守していくことを意識して仕事をしています。

もともとDCSでは、AWS環境を中心にインフラ構築を自動化するという意味でのInfrastructure as Codeと呼ばれる技術を積極的に取り入れ、環境構築、環境確認検証等をコマンドとプログラムで実行することに取り組んできました。

新しいことへ挑戦できる

新しいことに挑戦できる

その後、障害検知、自動reboot、コピー環境の自動作成等を手掛け、DevOpsという考え方を具現化するために取り組んでいます。あわせて、現在はこの考え方をAzure環境へも拡張すべく努力しています。

Azure環境での開発は、言語やミドルウェア環境の制限があまりなく自由度は高い分、試行錯誤することが多いのですが、サービスの方向性も含めベストプラクティスを模索する過程では、新しいことに挑戦できるため非常にやりがいもあります。

history

この仕事に参加するまでの経歴

もともとはWeb開発エンジニア

琉球大学工学部出身で旧インデックス沖縄(現ドリーム・アーツ沖縄)に2011年に新卒入社しました。もともとはWebに興味がありWeb開発エンジニアとして働いていたのですが、会社がドリーム・アーツグループに参画したことを転機に2年ほど本体の東京本社に仕事の拠点を移しました。

東京時代には、業務利用がまだ定着していなかったタブレット端末上で動くアプリケーションの開発に携わり、直接お客さま先へ訪問して試作品を提供し、フィードバックをもらってさらに改良するといったアジャイル型の開発手法を初めて経験させてもらいました。

沖縄帰任後、クラウドサービスの分野でオペレータというシステム監視・管理を担う人達の視点で、システムをどう監視し管理し安定的に運用していくコードを創れるかということに、この経験はとても生きていると思います。

future

今後の抱負(方向性)

今後の抱負(方向性)

クラウドサービスのスキルをさらに身につける

AWSやAzureといったクラウドサービスのスキルをさらに身につけて、DCSを安定したサービスとして拡張していきたいと思います。また、より安全でスピーディに安定した運用・保守ができるように、チャットからシステム運用を可能とするChatOpsといった技術も積極的に取り入れていきたいです。

新しいサービスの提案もしていきたい

今後はDCSで運用するお客さまが増加するにともない、業務で利用する重要なデータがさらに蓄積されると予想されます。ドリーム・アーツはお客さまの業務課題を解決する手段の提供を得意とする会社です。DCSに蓄積されたビッグデータを解析し、お客さまの課題解決となるような新しいDCSサービス等の提案もしていきたいと思います。